HOME > フクシ情報広場

健康情報広場

2010-11-01
患者さん紹介 関口大輔(せきぐち おおすけ)さん

温和なお人柄で笑顔の素敵な関口大輔(おおすけ)さんをご紹介します。
 昭和11年生まれの74歳。快活そして元気な話し振りは、脳梗塞という大病を経験されたとは思えないほど。3年前に脳梗塞を発症し、口、手足のしびれの後遺症が。主治医からリハビリのために運動をすすめられ、ご自身はウォーキングを選択。毎朝1時間、コースを決めて街の景色を眺めながらのウォーキング。そして週に2回、プールウォーキングで身体を更に鍛える。また、大病の前からのゴルフも月に数回ラウンドされているとのこと。

 

食事面で気を付けていることは、量を抑えることと塩分控え目。お陰で体重は8㎏減を現在もキープしていると、笑う。今では後遺症はなく、毎月の定期検診で主治医から太鼓判を押されるほどの良好な健康状態と、自慢。
 関口さんは、20歳で独立してから、現在まで現役を貫いている。今では2人の息子さんにも支えられ生業もますます盛ん。
今後の目標は、生涯現役を通すことと、大好きなゴルフをできる限り続けたいと、真剣なまなざし。これからも益々健康でご活躍されることを念願しています。

インタビュアー 木桧

 
 
▲このページの先頭へ